HOME » 知っておきたい糖尿病の基礎知識 » 糖尿病で食べていい食べ物と控えた方がいい食べ物と糖尿病食宅配

糖尿病で食べていい食べ物と控えた方がいい食べ物と糖尿病食宅配

糖尿病になっても粗食がいいわけではない

糖尿病の人にとって食事療法は欠かせない治療方法です。しかも、初期で軽度のケースでは、食事療法だけでも改善が見られるケースがあるなど、重要な治療方法だといわれています。そのため、昔から食事制限の「制限」に過剰反応してしまい、糖尿病になったら味気ないものしか食べられないというイメージを持つ人も少なくないようです。

しかし、糖尿病になったからといって、食事が楽しくないものになるわけではありません。もちろん、好き放題に食べることはできませんが、それは糖尿病でなくても同じです。

そもそも、人間の健康維持にはバランスのとれた栄養が必要です。糖尿病の治療中であってもいろいろな栄養を摂らなければなりません。糖尿病で気をつけるべきことは、食べてはいけない物というよりも、どの程度食べるかということです。適度な量を守りさえすれば、意外と充実した食生活を送ることも可能になります。

糖尿病でも食べていい食べ物

糖尿病では、食べてはいけない食べ物は基本的にありません。食べてもいい食べ物と、食べるのを控えた方がいい食べ物があるだけです。

糖尿病で食べていい主な食べ物を記します。

糖尿病だと控えた方がいい食べ物

糖尿病では、食べていい食べ物よりも、控えた方がいい食べ物をチェックすることがより重要だといえるでしょう。糖尿病では、糖質や脂質、塩分のコントロールが大切です。

糖質のコントロールが必要なのは、血糖値の急激な上昇を避けるためで、脂質のコントロールは、カロリーオーバーを防ぎます。また、塩分の摂りすぎは高血圧のリスクであり、糖尿病の合併症である腎臓の疾患にもよくありません。

以下に控えた方がいい食べ物をいくつか記します。

また、各種の調味料も塩分が多いものなどは摂りすぎになるリスクがあるため、控えた方がよいでしょう。

上記以外にも控えた方がよい食べ物はありますが、すべてを覚えることは現実的ではありません。数多くの食材を吟味して献立を考えるのも大変な作業になります。

うっかり量を多くとってしまうと、糖尿病の治療にマイナスになってしまうかもしれません。それを考えれば、糖尿病食の宅配を利用することも悪くないでしょう。管理栄養士や栄養士が献立作りをしている糖尿病食なら、栄養バランス、カロリーなどを含めて、食べていい食べ物と控えた方がいい食べ物がしっかりと考えられているので安心です。宅配の糖尿病食は通販で購入できるので、手軽で便利に利用できます。