HOME » そもそも糖尿病食とは?食事の基本ルールをおさらい

そもそも糖尿病食とは?食事の基本ルールをおさらい

糖尿病と診断され、医師から食事療法を指示されたら、どのようなことに注意して食事を摂れば良いのでしょう。食べるという行為は、生命維持の基本であり楽しみや目的のひとつでもあります。1日3度の食事のほか、間食なども含めると食べ物を口にする機会はたくさんあり、その都度注意しなければならないわけです。

そこで、糖尿病の食事療法の基礎をおさらいし、疾患を改善するためのポイントを紹介しましょう。

食事療法の目的は血糖をコントロールすることにある

糖尿病を改善するために、なぜ食事に注意しなければならないのか、考えたことはありますか?

そもそも糖尿病は、すい臓で作られるインスリンの量が不足したり作用不足によって、食べ物のエネルギーを適切に代謝できなくなる状態を言います。この状態を改善するためには、薬の内服やインスリンの投与によって作用を強化しながら、血液中の糖の量をコントロールする必要があるのです。

血糖値の目安となるのは、以下のような数値です。

<血糖値の正常値>

○空腹時の血糖値が100㎎/dL未満

○75gブドウ糖不可試験2時間値が140㎎/dL未満

上記の2項目を満たすと一般的には正常であると言われており、これ以上の数値が出てしまうと糖尿病や糖尿病予備軍と診断されるわけです。

さらに、糖尿病と診断された方が、血液検査で病状を把握する際の指針となる、血糖値目安は以下のよう数値です。

<病状を評価するための数値>

優と判断される数値

○空腹時血糖80〜110㎎/dL未満

○食後2時間の血糖値80〜140mg/dL未満

○ヘモグロビンA1c(%)5.8未満

良と判断される数値

○空腹時血糖110〜130mg/dL未満

○食後2時間の血糖値140〜180mg/dL

○ヘモグロビンA1c(%)5.8〜6.5未満

これ以下の判断数値もありますが、できれば“優”や“良”と判断された方が良いわけですから、上記の数値を目指してコントロールしていかなればなりません。

血糖値にダイレクトに影響を与えてしまうのは食事内容ですから、できるだけ糖質を摂りすぎないよう、エネルギーを過剰に摂取しないよう注意していくことが大切です。

糖尿病の食事療法を成功させるポイント

血糖値をコントロールするための食事の要点をまとめてみましょう。

糖尿病を改善するための食事療法は、以下の3つのポイントに注意すべきであると考えられます。

<体型や生活にあったエネルギー摂取を守る>

体格や生活スタイルは人によって違い、エネルギーの消費量も異なります。摂取して良いエネルギー量も異なってくるわけですから、まずは自分が摂取すべき量をきちんと把握しておくことから始めます。

適切なエネルギー量の算出方法は、以下のようになります。

【エネルギー摂取量(kcal)=標準体重(kg)×身体活動量(kcal)】

標準体重は、一般的に身長(m)×身長(m)×22という式で求められます。

身体活動量というのは、1日の生活の中でどのくらい体を動かしているのかを判断するもので、一般的には以下のように分類され消費カロリーの目安が分かります。

○軽労作(デスクワーク中心の仕事、または主婦など)…25〜30kcal

○普通の労作(立ち仕事が多い職業)…30〜35kcal

○重い労作(力仕事が多い職業)…35kcal〜

上記のような計算によって、体型に合わせたエネルギー摂取量が分かり、その数値を目標に食事のカロリーを制限していけば良いわけです。

一般的な目安として、男性は1400〜1800kcal、女性は1200〜1600kcalであると言われています。

<栄養が偏らないようにバランスよく摂取する>

いくらエネルギー摂取量を守っていたからと言って、食事の栄養バランスが偏っていては意味がありません。バランスよく食事がとれているかどうかを知る目安として、食事療法では“単位”という用語を使用します。1単位は80kcalで、食べられる量の目安とします。例えば、ご飯は茶碗1杯が約160kcalですから、2単位となるわけです。

次に、あらゆる食材を「穀物や芋、炭水化物の多いもの」、「くだもの」、「魚介・肉・卵など」、「牛乳など乳製品」…といった6種類に分類し、それぞれを何単位食べているかでバランスを見ていくのです。

<1日に3食をきちんと食べる>

血糖値をコントロールし、安定させるためには食事の内容に注意するだけではなく、食事を摂る時間や食べる量にも注意しなければなりません。できるだけ毎日同じ時間、同じ量の食事を摂るように心がけましょう。

1日に3回食事を摂るのは、血糖値を一定に保つために必要不可欠なこと。朝食を抜いて空腹の時間が長かったり、夜にドカ食いすると、血糖値の変動が大きくなってしまいます。毎日3食きちんと食べることは基本中の基本です。